社長一人でできますか?それがいいのですか?その後はどうなりますか?

 

リストラの責任をとるのはもちろん社長ですが、

社長が自らリストラに没頭するのがいいのかは別問題です。


リストラというのは、それ自体が目的ではなく、

会社を前向きに発展・継続させていくための一過程に過ぎませんし、

その本質は後ろ向きの仕事です。

 

社長が考えるべきは、売上・利益拡大の方途を探ること、

マーケット需要を探り新商品・サービスの開発をすること、

会社の業態変換を検討すること、等々です。

 

リストラ業務を他の役員・社員に押しつけるということになると、

責任感・正義感の強い社長の自負心が許さないでしょうが、

外部の人間を導入することにすれば、そのような気持ちの葛藤はないでしょう

(この場合も、社長は逃げたなと思われるかもしれませんが、

 社長にはやるべきことがありますので、

 そこまで気にしていたらどうにもなりません)。

 

 

 

法律相談料、相談時にお持ちいただくものなど、相談についての詳細は下記をクリックして下さい。

東京多摩法律事務所の

その他のHPは下記URLを

クリックして下さい。

                                    

  

【メインHP】

(採用情報等はこちら)        http://tokyotama.com/

  

【相続HP】

http://tokyotama-lawfirm.com/

 

【離婚HP】

http://tokyotama-lawfirm-rikon.jimdo.com/